年間休日に注目して良い求人を選ぶ

週休二日、シフト制など、どれだけ休日があるかというのは働く上で大切な問題です。
そのため、求人情報には1年を通してどのくらい休日があるのかを表す年間休日が記載されています。
年間休日については法律で明確に決められているわけではありませんが、平均的には120日程度です。
これは土日や祝日など、カレンダー通りに休んだ場合とほとんど同じです。
会社やお店としての休みがない場合、年間休日が少なめの傾向があるようです。
例えば外食産業や小売業、サービス業などがそれに当てはまります。
逆に工場などの場合は休日は完全にラインを止めてしまうため、全員が休みやすくなります。
特に自動車やコンピュータ関連など、単価が高く生産数は少ない場合は年間休日が130日を超えることもあります。
求人情報を探す場合、年間休日が120日を超えていると休みが多いと考えるといいでしょう。
同じ職種の場合、中小企業よりも大企業の方が休日が多い傾向にあります。